OpenWay® Riva

OpenWay Riva は、真のインターオペラビリティと分散型インテリジェンスを実現することによって、公共事業、スマートシティ・ビジネスに大きな成果をもたらします。

アクティブグリッド:必要なところにインテリジェンス

多数のデータを集めるだけではもう不十分です。今日のビジネスおよび経営課題により、ネットワークのエッジでデータを分析できるインテリジェントデバイスがますます求められるようになりました。このためには、問題解決のために通信と共同作業を行い、機会を作り出し、急速に変化し続けるグリッド状況を管理する、グリッドデバイスとアセットの多様なエコシステムが必要になります。

これがアクティブグリッドであり、唯一 OpenWay Riva のみが、インテリジェンスを必要とされているあらゆる場所に適用し、グリッドの安全性、効率および安定性を改善させます。


あらゆるメーター、あらゆるデバイスにコンピューターを

テクノロジーは決して単独では役に立ちません。そしてこれが進化するにつれてエッジデバイス向けの演算能力が入手しやすくなり、多くのグリッド運用ユースケースでできることが再定義されました。OpenWay Riva は、スマートフォンやデスクトップコンピューター並みの演算能力を各メーターやグリッドデバイスに組み込むことにより、この分散型インテリジェンスのパワーを活用します。

つまり、スマートメーターやその他のグリッドセンサーからの高解像データを、ネットワークや公共事業に送信して分析しなくても、エッジで迅速に分析できるようになります。さらに高解像データというのは、15~5 分間隔のデータではありません。OpenWay Riva は多量の 1 秒または高解像度データを処理できます。これができるところは他にありません。

その結果、OpenWay Riva は、電流フローや供給システムの分析により盗電を検知するなど、新しく非常に画期的な方法でグリッド運用の課題を解決できるようになりました。あるいは、負荷および発電によって一体を制御することにより、適切な変圧器の負荷を維持します。または、供給ネットワーク全体で継続的にインピーダンスを監視することにより、潜在的に危険なグリッド状態を検知します。これがアクティブグリッドです

OpenWay Riva のホワイトペーパーをダウンロードする  >

協力して前進

協力して前進

1 つのネットワークで多数のアプリケーションを

主にスマートメータリング用に構築されたネットワークとは異なり、Itron と Cisco で共同開発された OpenWay Riva は標準に準拠した IPv6 複数アプリケーションネットワークを提供します。OpenWay Riva はネットワークインフラストラクチャを、その上で実行されるデバイスとアプリケーションから切り離します。つまり、エンタープライズクラスの IT ネットワークのように、新しいデバイスとアプリケーションを簡単にネットワークに追加することができます。スマートメータリングであれ、スマートグリッドやスマートシティまたはモノのインターネットであれ、OpenWay の価値は時間と共に高まります。

CIO の観点


Itron の Cisco とのパートナーシップは、弊社の OpenWay Riva ソリューションがエンタープライズクラスの IT ネットワーク機能と属性をこの分野に提供しているということを意味します。スマートメーター、グリッドセンサー、供給自動化デバイス、ソーラーインバーターまたはスマートシティやインテリジェント IoT デバイスなどのグリッドデバイスを、新しいラップトップやスマートフォンをエンタプライズ IT ネットワークに追加するときのようにネットワークに簡単に追加できます。すべては、堅牢な、標準化されたセキュリティ、最先端のネットワーク管理、およびサービスの質 (QoS) のおかげです。

OpenWay Riva は、完全な IP ベースのネットワークアーキテクチャを提供しており、これにより IP を強く支持する他の競合システムと差別化を図っています。同時に、他のデバイスとの相互運用性とベンダー選択を認めない他社のアーキテクチャとアプリケーションに対する専有要素も保持しています。Itron と Cisco の設計により、新しいデバイスとアプリケーションを将来的に統合するときに単一の AMI ベンダーを使用するリスクと依存性が大幅に軽減または排除されるため、既存の一般的な IT スキルセットを利用してコストを節約しながら、新しいイノベーションを推進することができます。

通信革命

アダプティブ・コミュニケーション・テクノロジー (ACT) のパワーを体験してください。OpenWay Riva により、Itron が初めてアダプティブ・コミュニケーション・テクノロジーを提供します。つまり、無線周波数 (RF)、電力線搬送 (PLC) および Wi-Fi に至るまで複数の通信テクノロジーを同じデバイスで同時に作動させる単一ネットワークソリューションを展開することができます。 アダプティブコミュニケーションテクノロジーは、ネットワーク上の各分布点に SCADA のような意識を提供し、かつてないほどに接続性が向上します。

アダプティブコミュニケーションテクノロジー (ACT) は、データに対して最も安定した最速の通信パスを自動的に検出して使用します。結果は?可能な限りの高速接続性が保証されるとともに、グリッド運用のための画期的なユースケースに向けてのまったく新しいポートフォリオを開始することができます。 

OpenWay Riva 通信モジュールは RF メッシュ、電力線搬送 (PLC) および Wi-Fi 通信を同じデバイスの同じチップセットで組み合わせます。これにより、最適な通信パスおよび周波数変調の動的かつ継続的な選択を行うことができます。この通信機能を提供しているのは Itron だけです。

OpenWay Riva IoT ソリューションはまた、ピアツーピアとローカルブロードキャスト通信も提供します。これにより、エッジデバイスが現場で相互に通信を行い、データを共有および分析し、グリッド信頼性、効率および安全性のために新しい分散型分析のユースケースをサポートできます。PLC 通信により、OpenWay Riva が PLC カップリングを使って分散型送電網配線、ステータスおよび接続性を直接感知し、より広範なネットワークにトラフィックを発生させずに PLC 上のピアツーピア通信によって分散電流フローに新しい見識が持ち込まれます。

ACT (アダプティブコミュニケーションテクノロジー) パフォーマンスのホワイトペーパーをダウンロードする  >

分散型解析

分散型解析