CEO

フィリップ・メゼイは Itron の社長兼最高経営責任者 (CEO) です。サンフランシスコのベイエリアにルーツを持つ彼は、効率が経済の活力を改善する方法に対する情熱、そしてテクノロジー、ソフトウェアおよびサービスの持つパワーへの深い洞察を合わせ持ち、よりリソースフルな世界を生み出すという弊社の使命に向かって Itron を導くユニークな立ち位置にいます。

フィリップ・メゼイは、2013 年 1 月 1 日付けで社長と最高経営責任者に任命され、Itron の取締役に就任しました。メゼイは Itron 入社後いくつかの役職を経験しましたが、直近では Itron のグローバルエネルギーセグメントの最高執行責任者として Itron の世界中の電気およびガス事業の運営を担当しました。また、Itron North America のシニアバイスプレジデント兼最高執行責任者、グループ担当バイスプレジデント兼統括マネージャー、さらにはソフトウェアソリューションのシニアバイスプレジデントも歴任しました。2003 年に Itron が Silicon Energy を買収した際、メゼイは Itron のエネルギー管理ソリューショングループのソフトウェア開発管理部長として入社しました。

2000 年にソフトウェア開発担当バイスプレジデントとして Silicon Energy に入社する前は、統合資産と顧客管理ソフトウェアのプロバイダである Indus の創業メンバーとして 12 年間勤務しました。メゼイはカリフォルニア大学バークレー校で歴史の学位を取得しました。

Itron のリーダーシップチームの他のメンバーについてさらに読む

コーポレートサスティナビリティレポート

最新のサスティナビリティレポートを見る

次世代のエネルギー供給

将来のエネルギーおよび水に対する課題を解決するには、新鮮な思考と新しい見解が必要です。次世代の問題解決者の意識と意欲を高め、よりリソースフルな世界を作り出すためには、教育が不可欠の役割を果たします。

リソースフルネス:Energy-Water Nexus は、モバイルデバイス対応です

テクノロジーの急速な変化と従業員の高齢化により、STEM (科学、技術、工学、数学) 関連の研究分野で顕著なスキルギャップに直面しています。ビジネスリーダー兼 STEM 雇用主として、Itron は著名な作家でテキサス大学オースティン校教授でもあるマイケル・ウェバー博士と提携し、世界最大の課題を解決すべく次世代の革新者に対して投資を行っています。

弊社のリソースフルネス:Energy-Water Nexus の導入は、Next Generation Science Standards (次世代科学スタンダード)、AP 環境科学、および国際バカロレア環境システムおよび社会など、大学およびキャリアレディネス/全米共通学力標準と連携して作成されました。教材は、完全開発された教育リソースを使って、既存のカリキュラムとレッスンプランを補足および強化するようデザインされています。

今後数ヶ月で、リソースフルネスは従来の教室内の中等教育教育プログラム形式から多くのチャネルで共有できるカリキュラムに進化を遂げる予定です。持続可能性と効果的なリソース管理に関するモジュラーユニットでは、初等教育および職業開発向け社会人としての高度な教育を含むさまざまな年齢と教育段階でリソースフルネスに関する対話を促進します。短期の 1 週間コースや 1 日コースもあります。

登録して、この STEM カリキュラムと Itron の全教育活動についての最新情報をお受け取りください。

2016 リソースフルネス指数

Itron は年次 Itron リソースフルネス指数の最新版を公開しました。このレポートは、公共事業業界とグローバルリソースフルネスの状態について独自の観点を提供しています。これは、公共事業業界内で経営陣と消費者両方の考え方を調査した最初のレポートの 1 つであり、世界各地域 16 カ国で、情報通の消費者 900 人と公共事業者の経営陣 900 人以上を対象に調査を行いました。